<< すっきりー | main | お久しぶりでーす >>

しばらくの間、サイトの更新を休止します。

  以前よりお知らせしていた通り、しばらくの間サイトの更新を休止します。
 理由は出産・育児のためです。すべて初めてのことですので、いつ復帰できるのかは不明です。里帰り先の実家にネット環境がないため、少なくとも来年1月まではまったく動きはない予定です。

 携帯からここのブログを更新できる環境だけは整えたはずなので、何か突発的に思いついて携帯で書ければここに何か更新する可能性はあるかもしれませんが。(携帯の変換機能がへちょいので途中でめげなければ、ですけども)

 まーったく動きのないサイトに訪れるほど虚しいことはないかと思いますが、今のところそのうち復帰する気はありますので忘れない程度に時折お越しいただけるととてもうれしいです。


 恋愛相談の方、反応してくださった方ありがとうございますー。いまのところ誤字報告がないのでないと信じて安心して旅立ちます。
 個別コメントはしませんが、お礼がわりにネタばれあり人物紹介でも記事の続きにぺろりと投下していきます。

 ネタばれ=タイムアップで入れようと思ってたけど入れられなかった部分的なアレですが。
 つらつら思いつきで書くので、どこかおかしいかもしれないよ!
 誤字脱字は変換の罠です。

■安永美里
 主人公にして語り手。初出は遅咲きの恋 後輩編(ちなみに恋愛相談から数年後)
 高校時代に恋にあこがれ、大学時代の友人(由希子・史子)のもてっぷりにこれだと思い至り、猫を被った恋愛を重ねていた結果、最後の恋人に手痛いことを言われて恋を諦めた女。
 一生独身で過ごすことを覚悟し、貯金に励んでいた堅実なところがある。

 どちらかと言えばしっかりしたタイプだが、猫被り恋愛しか経てなかったため恋愛関係には弱い。加えて、自分はその方面には向いていないと信じて疑っていないため、やたらと反応が鈍かった。恋愛を捨ててなかった大学の頃であれば吉田のアプローチにも素早く反応したのではないかと推測される。

■吉田秀久
 数々の浮名を流していた軽い男。
 その軽さが災いして結構本気だった相手にも逃げられたりしたりしたこともあったりなかったりしそう。
 新入社員の頃の研修で同グループだったため美里のことは当時から知っていたが、まったく意識していなかった。その理由としては、美人だとは思うけど気が強すぎるので好みじゃない。社内の男に媚びない態度で、他に男がいると思っていた。そんな感じ。
 周囲が次々に身を固めていくにしたがってそろそろ落ち着こうかなーと思ってた時にたぶん直近で付き合っていた女にひどく幻滅し、その頃今までと全く違うタイプの美里が気になっていたため。
 イトコの大絶賛ぷりもそれを後押しした。
 過去の行動が原因で実家暮らしにも関わらず貯金はそこまでなく、おそらく一人暮らしをしていた美里よりも少ない。

■園田玲子
 美里の後輩にして、吉田の従妹。吉田父と玲子母が兄妹。吉田とは兄妹のように育ち、小学校の頃まではお兄ちゃんっ子だった。だが後に兄が女をとっかえひっかえしているさまに幻滅し、関係が悪化していた。 
 おしゃべりが大好きでとりわけ恋バナが好物。交流関係が広く、色々な噂を網羅している。
 同じ部署の先輩である美里を慕っていて、母の実家で祖父母にあれやこれやと語っている中には美里のことが含まれていた。それが吉田の興味を引いたことには当初怒りを覚えたが、そののち「あれ? でも美里さんとおにーちゃんがうまくいったら、美里さんはおねーさんになるの?」と気付いて、吉田との関係を修復するに至る。
 仕事はできるのに恋愛方面に疎く、だけど突っ込むところは突っ込む美里にどうしようか攻めあぐね、本気になったはいいが微妙にへたれた従兄にも軽い幻滅を覚えたが、何とかうまくいったと聞けば別れないようにあれやこれやと画策するに違いないと思われる。

■安恵
 姓不明。初出は遅咲きの恋の後輩編。
 美里の古くからの友人で、しっかりきっぱりものをいうタイプ。美里のように恋を捨ててはいないが、キャリア志向があり、仕事大好き。

■史子
 姓不明。初出は遅咲きの恋の後輩編。
 美里の大学からの友人。既婚者で子供あり。したたかでちゃっかりしている。計算込みの可愛い仕草で過去は男を手玉に取っていたと思われ、美里が過去参考にしていた。
 恋バナ好きでそんな匂いを嗅ぎつけたら食いついて離れない勢いがあると美里は信じている。

■畑本由希子
 遅咲きの恋主人公。美里の大学からの友人。
 天然ほよよんとした雰囲気でもてているのだが、まったく気付いていなかった。美里が過去に参考にしていた。参考にしたお礼というわけではないが、由希子がうっかり変な男に引っかかりそうな時には友人と共同で強制的に排除しており、美里が過去うまいこといかなかったのはその行動にも敗因があったのかもしれない。

 真面目なのだがうっかりしたところがあるため、美里をはじめ友人たちはみな早々に会社生活から脱落して幸せな家庭を持つと信じていたのだが、実は社会に出た由希子が安恵やら美里やらを参考に強固な鎧をまといそれなりにしっかりとしてしまったため、予想は大きく外れることとなる。
 プライベートで会う時は昔のままのため、美里ほか一同はそのことを全く知らない。
posted by: fazart1 | サイト情報 | 22:09 | - | - | - |